会社情報

沿革

当社は昭和42年1月東京電力株式会社鶴見火力発電所にて発電所設備の点検・保全工事を
主たる業務として営業を開始いたしました。

翌昭和43年12月に法人組織化し、渡部重機株式会社を設立し、鋭意技術陣の強化育成をはかり、
各火力発電所の発電設備の据付・点検・保全工事・配管工事を実施しております。
 また、大福機工株式会社の協力会社として日産株式会社やホンダ自動車の据付工事等を
実施してまいりました。昭和55年より吉田車輌機器株式会社の協力会社として物流関連の
自動垂直搬送機械の据付・点検修理・改造工事に実施しております。

昭和58年には群馬県太田市に北関東事業所を開設し、富士重工業株式会社の自動車生産ライン
設備の据付および保全工事に従事しておりましたが、旧事業所が手狭となったのを機会に、
お客様の要望により一層の対応が出来るよう平成13年7月に太田市内に工場・事務所を新設移転し、
清々しい環境の中で営業しております。

昭和42年1月 営業開始
昭和42年12月 渡部重機株式会社設立 資本金100万円
昭和48年11月 資本金400万円に増資
昭和51年2月 本社を現在地川崎市川崎区川中島に移転
昭和51年2月 資本金1000万円に増資
昭和58年4月 北関東事業所開設
昭和58年6月 南横浜火力事業所開設
昭和58年6月 川崎火力出張所開設
平成13年7月 北関東事業所移転
現在に至る